その高血圧症治療薬、貴方に合ってますか?

高血圧症治療薬は血圧を下げてくれる薬ですが、医薬品は服用する人により効果に個人差があります。他の人は大丈夫でも自分だけ副作用が強く出る、そんな方は今使っている高血圧症治療薬が体に合っていないのかもしれません。

自分の体に合った高血圧治療薬

高血圧症治療薬は数が多いので、自分にあった治療薬を選ぶと症状が改善でき副作用に悩む事もなくなります。

高血圧症治療薬は大きく分けると血管を広げて血圧を下げる薬と、血管を流れる血流量を減らして症状を改善する薬があります。

血管を広げる薬はカルシウム拮抗薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、ACE阻害薬、α遮断薬があります。

最も多く使われているのがカルシウム拮抗薬です。
血管の細胞の中をカルシウムが通ると血管が収縮するので、それを防いで血管を広げる働きをします。
血管に作用する働きが強いジヒドロピリジン系と心筋等へ作用が強い非ジヒドロピリジン系があります。

ジヒドロピリジン系にはアダラート、 エマベリン、ニバジール、バイミカード、バイロテンシン、ノルバスク錠などがあり、非ジヒドロピリジン系にはワソランやヘルベッサーなどがあります。

血圧が高いだけではなく糖尿病や腎障害、心筋梗塞などがある人に勧められるのがアンジオテンシンII受容体拮抗薬で、腎臓や心臓を保護する働きがあります。
カルシウム拮抗薬についで多く使われている高血圧症治療薬で、血管を収縮させるアンジオテンシン受容体の働きを防いで血圧を安定させます。
ニューロタン、ブロプレス、ディオバン、ミカルディス、オルメテックなどの薬があります。

ACE阻害薬は糖尿病腎症や心不全の治療にも効果があることから、これらの症状がある人に用いられます。
またα遮断薬は前立腺肥大症の人に用いられる高血圧症治療薬です。

血管を流れる血流量を減らす高血圧症治療薬にはあ利尿薬とβ遮断薬があります。
高血圧の人は塩分を多く摂る人が多く、利尿薬を用いると血流量を減らして血圧を下げられます。
他の治療薬と併用して用いられる事も多い薬です。

β遮断薬は興奮を抑えて心臓の心拍数を下げる事ができる薬で、若くて心臓の活動が活発な人などに効果があります。

高血圧症治療薬は効果を高めるために2種類以上を併用する事もあります。
決められた量をきちんと守って飲むことが大切です。

↓安全性が高い高血圧症の治療薬はこちらから購入可能
ノルバスクは通販購入で節約
↓本態性高血圧症や腎性高血圧症などに効く
ミニプレス
↓血圧を安定させるのにおすすめ
ミカルディス